東慶寺「蒔絵展」開催中

2019.02.13

 北鎌倉の東慶寺(鎌倉市山ノ内)松岡宝蔵にて、2月1日(金)~5月6日(月)まで、「蒔絵展」を開催しています。
 会期中は、記念講演会やギャラリートーク、ワークショップなども催されます。



以下、東慶寺様より

 「東慶寺は創建当初(鎌倉時代)から江戸初期まで皇族や武家などの格式の高い家柄の尼僧によって守られてきました。この度、歴代尼僧所持の蒔絵道具類六十数点の中より、「葡萄蒔絵螺鈿聖餅箱」「初音蒔絵火取母」(共に重要文化財)を同時公開いたします。また、人間国宝・室瀬和美氏政策の葡萄蒔絵螺鈿聖餅箱の復元模造品は初公開となります。時代を経て受け継がれた歴代尼僧たちの雅やかな生活と、現代の匠の新たな息吹をご堪能ください」

展示会の詳細は、東慶寺ホームページよりご確認ください。
バックナンバー