和風の美術館で美しい日本画を。

2018.11.28

鎌倉市鏑木清方記念美術館は、鎌倉の小町通り近くにある、近代日本画の巨匠・鏑木清方(かぶらき きよかた)の旧居跡に建つ和風建築の美術館です。美人画の観賞と共に、庭の四季折々の花などもお楽しみ頂けます。


【開催中の展覧会】企画展「清方、紡がれる美の系譜―師から弟子へ」
鏑木清方は明治24年(1891)、13歳で日本画家・水野年方に入門し、修業に励みました。そして、16歳で挿絵画家となり、後に師と同じ日本画家として活躍しました。
年方に尊敬の念を抱いていた清方は、師のもとで学んだ技術や制作への姿勢を弟子たちへ伝えました。そして、彼らが存分に筆を揮い、発表する展覧会の場として「郷土会」を設け、後進の育成に努め、伊東深水や寺島紫明など優れた画家を日本画壇に輩出しました。
水野年方没後110年を迎え、本展覧会では清方作品のほか、年方に関連した作品や弟子たちが清方に贈った寄書などを展示し、年方から清方、そしてその弟子たちへとつながる美の系譜をたどります。

【会  期】平成30年12月1日(土)~平成31年1月14日(月・祝)
【開館時間】午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日、(12月24日(月・振)、1月7日(月)・14日(月・祝)は開館)、12月25日(火)、年末年始の12月29日(土)~平成31年1月3日(木)
【観 覧 料】一般200円(140円)小・中学生 100円(70円)
 ※( )内は20名以上の団体料金
市内に在住の65歳以上の方、市内に在住・在学の小・中学生は無料
【展示解説】12月8日・22日、1月12日の土曜日 午後1時30分から
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【ホームページ】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【展示作品】 主な展示作品
《舞妓》(1930)/水野年方・作《橘逸勢女》《日野阿新》(双幅)(1902)/《先師の面影》(1949)/小杉天外・著『魔風恋風』(中編)木版口絵(1904)/《五星連珠》(1952)
基本情報
会員名 鎌倉市鏑木清方記念美術館
TEL 0467-23-6405
※お問い合わせの際は「鎌倉INFOを見て」と
お伝えになるとスムーズです。
FAX 0467-23-6407
郵便番号 〒248-0005
住所 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
ホームページ http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
アクセス JR横須賀線・江ノ島電鉄線鎌倉駅徒歩7分
駐車場 なし
カテゴリー
鎌倉で何をする?:知る・見る
鎌倉の何に触れる?:文化・芸術
鎌倉のどこへ行く?:鎌倉駅周辺

「知る・見る」の記事一覧へ

バックナンバー