和風の美術館で美しい日本画を。

2017.08.30

鎌倉市鏑木清方記念美術館は、鎌倉の小町通り近くにある、近代日本画の巨匠・鏑木清方(かぶらき きよかた)の旧居跡に建つ和風建築の美術館です。美人画の観賞と共に、庭の四季折々の花などもお楽しみ頂けます。

 

【開催中の展覧会】企画展「手元で愛でる、卓上芸術 ―秋の情趣とともに―」
「卓上芸術」とは、鏑木清方が画巻や画帳、色紙、また挿絵や口絵のように鑑賞者が手元で楽しむことができる芸術として大正期に提唱した芸術の形です。清方は、展覧会に出品される大画面の「会場芸術」や、和室のあつらえとして楽しむ「床の間芸術」とは異なる「卓上芸術」が新たに認識されるべきだと考えていました。
晩年に至るまで、市井の人々の生活や、文学作品に取材した卓上芸術作品の制作を続け、代表的な作品である《註文帖》や《にごりえ》はより多くの人々の手元で楽しまれるようにと、画譜として普及版が出版されました。
本展覧会では、画巻《夏の思い出》や《註文帳画譜》、彩り豊かな口絵などの卓上芸術作品とともに、秋の情趣あふれる作品を紹介します。

【会  期】平成29年9月2日(土)~10月25日(水)
【開館時間】午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日(9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館)、9月19日(火)、10月10日(火)
【観 覧 料】一般200円(140円)小・中学生 100円(70円)
 ※( )内は20名以上の団体料金
鎌倉市内にご在住の65歳以上の方は無料
【展示解説】9月9日・23日、10月14日の土曜日 午後1時30分から
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【ホームページ】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【展示作品】 主な展示作品
《一葉女史の墓》(1902)/《虫の音》(1947)/《夏の思い出》(1912)/《八幡鐘》『文藝倶樂部』木版口絵(1909)/《こすもす》『文藝倶樂部』木版口絵(1913)/《あさ露》『文藝倶樂部』木版口絵(1903)
基本情報
会員名 鎌倉市鏑木清方記念美術館
TEL 0467-23-6405
※お問い合わせの際は「鎌倉INFOを見て」と
お伝えになるとスムーズです。
FAX 0467-23-6407
郵便番号 〒248-0005
住所 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
ホームページ http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
アクセス JR横須賀線・江ノ島電鉄線鎌倉駅徒歩7分
駐車場 なし
カテゴリー
鎌倉で何をする?:知る・見る
鎌倉の何に触れる?:文化・芸術
鎌倉のどこへ行く?:鎌倉駅周辺

「知る・見る」の記事一覧へ

バックナンバー