能を知る会鎌倉公演「能と日本の刀剣」

2016.04.21

文化の日の公演は「日本の刀剣」をテーマに、午前の部「小鍛冶(こかじ)」、午後の部「第六天(だいろくてん)」を上演いたします。
帝の命により名刀「子狐丸」を三条小鍛冶宗近が稲荷明神の相鎚を得て打ち上げる「小鍛冶」、天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟 素戔嗚尊(すさのおのみこと)が仏法を妨げようと現れた第六天魔王(だいろくてんまおう)を宝剣で追い払う迫力ある曲「第六天(だいろくてん)」と、とても面白くご覧頂ける能です。
解説には、室町時代より続く刀剣鑑定の名家「水戸本阿弥」十四代 本阿弥光蓮氏による日本刀についての講演もあり、注目です!




 

 

◆日時 2016年5月3日(火・祝)朝の部10:00/昼の部14:00
◆会場 鎌倉能舞台(江ノ電長谷駅下車徒歩7分)
◆入場料 5,500円 (プラス1,000円で座席指定可能です)
午前・午後とも空席あります!!
◆演目
午前の部:
・講演「日本刀とのふれあい」 本阿弥光蓮
・狂言「成上り(なりあがり)」山本 則孝 他
・能 「小鍛冶(こかじ)」  中森 貫太 他
・質疑応答 中森貫太
午後の部:
・講演「日本刀とのふれあい」  本阿弥光蓮
・狂言「鎌腹(かまばら)」   山本 則秀 他
・能 「第六天(だいろくてん)」奥川 恒治 他
・質疑応答 中森貫太
<小鍛冶>迫力ある妖狐の面に、後シテでワキと共に剣を打つ型は、鎌倉能舞台ならではの客席との距離感でお楽しみ頂けます。その見どころの解説はいかに!
<第六天>めったにでない希曲です。織田信長が「第六天魔王信長」(我は大六天魔王 織田信長なり)と名乗ったという。「第六天」とは何であり、どういった存在であるのか。
シテツレの素戔嗚尊の活躍はいかに!興味はつきません。

→詳しい番組はこちら http://www.nohbutai.com/perform/#kamakura-01

◆事前講習会「教えて!能 小鍛治・第六天~事前特別講座~」
※5月3日の本公演の前に、解説や体験などの特別講座を開催します。
日時 : 4月16日(土)13時30分から15時頃
場所 : 鎌倉能舞台
内容 : 公演前特別講座
・「小鍛治」「第六天」の鑑賞ポイントや装束・能面の解説
・能楽体験
参加費: 500円
申し込み詳細はこちらを確認ください。




◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
基本情報
会員名 公益財団法人鎌倉能舞台
TEL 0467-22-5557
※お問い合わせの際は「鎌倉INFOを見て」と
お伝えになるとスムーズです。
FAX 0467-22-5557
郵便番号 〒248-0016
住所 神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
ホームページ http://www.nohbutai.com/
メールアドレス webmaster[at]nohbutai.com
※お問い合わせの際は、[at]を@に変換してください
アクセス 江ノ島電鉄線長谷駅徒歩7分
長谷観音前バス停徒歩5分
駐車場 なし
開館時間 10:00~16:00
最終入場 15:30
休館日 不定休
カテゴリー
鎌倉で何をする?:知る・見る
鎌倉の何に触れる?:文化・芸術
鎌倉のどこへ行く?:由比ガ浜・長谷・極楽寺

「知る・見る」の記事一覧へ

バックナンバー