和風の美術館で美しい日本画

2016.01.20

鎌倉市鏑木清方記念美術館は、鎌倉の小町通り近くにある、近代日本画の巨匠・鏑木清方(かぶらき きよかた)の旧居跡に建つ和風建築の美術館です。美人画の観賞と共に、庭の四季折々の花などもお楽しみ頂けます。


【開催中の展覧会】「企画展 清方芸術の起源」
明治11年東京に生まれ、13歳で水野年方に弟子入りし、16歳頃から挿絵画家の道を歩み始めた鏑木清方。20代で人気挿絵画家として活躍する傍ら、日本画の腕も磨き、次第に日本画に専心するようになります。明治・大正・昭和の時代を生きた清方は、急速な近代化による開発や関東大震災、東京大空襲の被害で変わりゆく街の姿に寂しさを覚えつつ、明治の庶民の平穏な生活に思いを馳せ、愛しむように彼らの暮らしを描きました。
本企画展では日本画家としての清方の画業の始まりから後年に辿り着いた画境までを、明治に生きた庶民の穏やかな生活を描いた名作《朝夕安居》を中心に紹介いたします。

【会  期】 平成28年1月21日(木)~2月21日(日)

【開館時間】 午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)

【休 館 日】毎週月曜日

【観 覧 料】一般200円(140円)、小・中学生100円(70円)
※( )内は20名以上の団体 料金。

【展示解説】1月23日、2月13日の土曜日 午後1時30分から

【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折

【ホームページ】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html

【展示作品】 主な展示作品
《朝夕安居(朝・昼・夕)》《暮れゆく沼》《しだれ桜》《舞妓》《清子四歳像》《先師の面影》
基本情報
会員名 鎌倉市鏑木清方記念美術館
TEL 0467-23-6405
※お問い合わせの際は「鎌倉INFOを見て」と
お伝えになるとスムーズです。
FAX 0467-23-6407
郵便番号 〒248-0005
住所 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
ホームページ http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
アクセス JR横須賀線・江ノ島電鉄線鎌倉駅徒歩7分
駐車場 なし
カテゴリー
鎌倉で何をする?:知る・見る
鎌倉の何に触れる?:文化・芸術
鎌倉のどこへ行く?:鎌倉駅周辺

「知る・見る」の記事一覧へ