鎌倉市観光協会による鎌倉プレミアムツア- ”鎌倉谷戸の静寂を味わう”普段では拝観できない「浄光明寺と長寿寺」探訪

2015.11.02

【 お知らせ 】 お陰様にて12月10日、1月19日とも満席となりました。
今後の企画にご期待ください。



鎌倉には、山肌にひだのように刻まれた谷が趣をなす「谷戸」と言われる場所があり、
その中でも浄光明寺のあります扇ガ谷、長寿寺があります山之内は、
静寂に包まれた自然豊かな谷戸です。

その扇が谷で、まず最初に、1251年頃の創建で、開山は真阿和尚(真聖国師)、
開基は五代執権・北條時頼 および六代執権・北条長時と言われ、
鎌倉・室町の両時代を通じ、時の権力者の庇護を受けた 浄光明寺を、
大三輪龍哉ご住職のお話しをお伺いしながら、普段では拝観できない宝物を参拝します。
中世鎌倉の仏教教学の中心地としての歴史を伝え、冷泉為相の墓所として和歌の由緒を伝える
浄光明寺の谷戸の高台から、悠久の歴史を感じられてはいかがでしょうか。

浄光明寺でお弁当をお召しあがりいただいた後は、鎌倉七口の一つである亀ヶ谷坂切通を、古の人々の往来 に思いを馳せながら進み(勾配がありますので、ゆっくり参りましょう)、鎌倉街道沿いにある長寿寺 へ到着します。

春・秋の週末のみ公開されます長寿寺では、浅見紹明ご住職のお話をお伺いし本堂を拝観します。
開山は古先印元禅師、開基は足利尊氏公。京都で54歳で没した尊氏公の法名を、京都では等持院殿、 関東では長寿寺殿と称します。
長寿寺は尊氏公の四男で、初代鎌倉公方(関東における将軍代理)であった足利基氏が父・尊氏公 を弔うため、尊氏邸跡に1339年創建されました。観音堂裏の崖にある尊氏公墓には遺髪を埋めたと される「やぐら」があり、五輪塔が建てられています。
(浄光明寺には足利基氏の分骨が収められています)
長寿寺は苔の庭園が有名ですが、秋~冬の季節でも、鎌倉街道に隣接した場所とは思えない 静寂につつまれた雰囲気の中で、小方丈、書院から眺める庭園の景色は、日常の喧噪を忘れさせて くれるに違いありません。

二つのお寺・切通を巡り、鎌倉の谷戸を是非ご堪能ください!



● 開催日 ①平成27年12月10日(木) ②平成28年1月19日(火)

● 代金 お一人様 5,980 円(税込)
(上記代金には、拝観料・昼食代・ガイド代を含みます。)

● 定員 各回24名様(最少催行6名様)

● 行程(観光協会職員が同行いたします)
9:45 鎌倉駅西口集合 徒歩にて浄光明寺へ

10:00 浄光明寺着

大三輪ご住職から、2000年に発見された「浄光明寺敷地絵図」
(国重要文化財 1333~1335頃作成)のコピ-を基にお寺全景のご説明をいただき、
以下の順序に拝観します。
(1)仏殿/三世仏(仏殿は1668年建立の市指定文化財)
(2)収蔵庫/阿弥陀三尊(国重要文化財、土紋装飾が見どころ)、矢拾地蔵(県指定文化財)
※ここから幅の狭い石段を登ります。
そのため雨天の場合は(3)~(5)の 拝観は中止となります。(下段★ご参照)

(3)岩穴のやぐらに祀られている網引地蔵(1313年造立の市指定文化財)
(4)冷泉為相の墓(国史跡 藤原定家の孫の歌人。お天気が良ければ、
遠くに相模湾が望めます。)
(5)覚賢塔
(国重要文化財 鎌倉で三番目に高い五輪塔。通常年1回のみの公開なので貴重な機会です!)
ここから石段を下りとなります。
(6)仏殿右手の墓石・石塔
(市指定史跡 大伴神主家墓所 - 代々鶴岡八幡宮の神主を務めた大伴家の墓所があります。)
(7)庭園拝観(市指定天然記念物のビャクシン)
(8)客殿/愛染明王(市指定文化財 願行上人(1212~95)作と言われ、蒙古来襲時にご祈祷のご本尊と言われています。)

12:00 広間にてご昼食(御弁当)をお召しあがりいただきます。

13:00 浄光明寺出発

鎌倉七口の一つである亀ヶ谷坂切通を通り長寿寺へ

13:20 長寿寺到着

(1)浅見ご住職にご案内いただき、本堂にて参拝
本堂/開山像の古先印元禅師像(室町期作)、開基像の足利尊氏公像(元禄二年再造)を拝観いただけます。
(2)小方丈から庭園を鑑賞
(3)書院から庭園を鑑賞
(4)庭園を一周してみましょう。観音堂・足利尊氏墓を参拝いただけます。
観音堂は、室町時代に建立された奈良円成寺の多宝塔を、大正時代に移築 したものです。
◇長寿寺ご提供の写真絵葉書4枚セットを皆様へプレゼント!

14:30頃 拝観終了後、自由解散となります。


● お申込み (定員になり次第締切となります。)
メール、FAX、お電話にてお申込みください。
電話 : 0467-23-3050
FAX : 0467-22-3516
e-mail : kamakurakanko112@yahoo.co.jp
観光協会からお振込み先、旅行条件書等を郵送いたします。

お申し込み書は下記よりダウンロードお願いします。

excelはこちらから。

pdfはこちらから。

● 注意事項
※(行程★印ご参照)について
雨天の場合は、10:00~10:20のスケジュールにて他のお寺を通常拝観した後に、浄光明寺へ向かいます。
その場合の通常拝観料金は観光協会がご負担します。
他のお寺を通常拝観をしない場合でも、その分の返金はありません。
※高台・切通を上り下りしていただきますので、歩きやすいシュ-ズ、服装でのご参加をお願いいたします。
※旅程内での事故・ケガにつきましては、ご個人の責任とさせていただきます。
※取消料について 12/10設定は11/30以降のお取消しに対し、1/19設定は1/09以降のお取消に対し、所定の取消料がかかります。
詳細は郵送します旅行取引条件説明・契約書面を ご参照ください。
※最少催行人数に達しなかった場合は、催行の4日前までにご連絡いたします。
※お申込みは16歳以上の方に限らせていただきます。

「歩く・回遊する」の記事一覧へ

バックナンバー