カナガワ リ・古典プロジェクト ~舞おどる伝統と現代のコラボレーション~

2014.09.01


「カナガワリ・古典プロジェクト」は、地域の「たから」である文化遺産を新しい発想で活用することで、現代を生きる文化芸術として“再(=Re)”発信し、伝統文化の魅力を一人でも多くの方に体感していた だくことを目指しています。
第二回となる今回は、地域を代表する「海」の歴史的観光地である江の島を舞台に、祝祭感あふれるパフォーマンスを通して、かながわの文化遺産の魅力をご紹介いたします。





『江の島まうで 舞をどり』舞おどる伝統と現代のコラボレーション

「芸能・音楽の神」として、古くから弁財天が信仰されてきた江の島。江戸時代、各地からの「江の島詣(もうで)」の人々で大変な賑わいを見せていた様子が、当時の浮世絵などから知ることができます。「江の島まうで舞をどり」では、各地の民俗芸能や古典芸能、そしてコンテンポラリーダンスに至るまで、多彩な踊りと音楽が一堂に会し、往時の賑わいの再現を目指します。時を経ても変わることのない美しい夕照と共に文化遺産が持つ新たな魅力を体感してください。


2014年10月4日(土)開場16:00、開演16:30(18:00終演予定)
江の島シ―キャンドル サンセットテラス(神奈川県藤沢市江の島2-3 江の島サムエル・コッキング苑内)

観覧料:無料(江の島サムエル・コッキングの入苑料 大人(中学生以上)200円 / 小人(小学生)100円が別途必要)
観覧方法:詳細はこちら
公式HP http://re-koten.com/index.php

出演者:

【ダンス・パフォーマンス】
泉秀樹、新井將、太田宏(青年団/カムヰヤッセン)、神尾歩(悪魔のしるし)、森一生
酒井幸菜、東山佳永、田中美希恵(範宙遊泳)
新宅一平(ドドド・モリ)、山下彩子
臼井梨恵*、北川結*、夕田智恵*(*=モモンガ・コンプレックス)
【音楽】
長尾晃司、中村大史、清野美土、松本野々歩、豊田耕三、櫻田素子
櫻井亜木子(琵琶)、山野安珠美(箏)、金刺敬大(和太鼓)、辻本好美(尺八)
【民俗芸能[五十音順]】
神奈川県指定無形民俗文化財「江の島囃子」江の島囃子連合会
神奈川県指定無形民俗文化財「相模のささら踊り」遠藤民俗芸能保存会、葛原芸能保存会
小田原市指定無形民俗文化財「山王原大漁木遣唄」小田原市山王原大漁木遣唄保存会
国指定重要無形民俗文化財(ユネスコ無形文化遺産代表一覧記載)「チャッキラコ」ちゃっきらこ保存会
国選択無形民俗文化財「横須賀の虎踊」中村町内会虎踊り保存会
【能「江野島」より】
観世流シテ方 中森貫太、鈴木啓吾
【スタッフ】
構成・演出・振付:白神ももこ(モモンガ・コンプレックス)
日本舞踊監修:泉秀樹
舞台美術:杉山至
音楽監督:長尾晃司
ダンス衣裳:臼井梨恵
音響:idehof
照明:林之弘
演出助手:きまたまき
舞台監督:宮田公一
宣伝美術:NDCグラフィックス
ホームページ制作:高村佳典
運営統括:NPO法人アークシップ
アドバイザー:日置圭子(粋まち)
【制作】 神奈川県文化課/古典空間(小野木豊昭・玉塚充)
【主催】かながわの伝統文化の継承と創造プロジェクト実行委員会
【後援】藤沢市、小田原市教育委員会、三浦市教育委員会、横須賀市教育委員会、(公社)藤沢市観光協会、神奈川県民俗芸能保存協会、神奈川新聞社
【協力】江ノ島電鉄(株)、江島神社、(公財)鎌倉能舞台、(公社)服飾文化研究会、桜美林大学、急な坂スタジオ
【問い合わせ
】「カナガワ リ・古典 プロジェクト」事務局
[神奈川県文化課]TEL:045-210-3808(平日8:30~17:15)

基本情報
会員名 公益財団法人鎌倉能舞台
TEL 0467-22-5557
※お問い合わせの際は「鎌倉INFOを見て」と
お伝えになるとスムーズです。
FAX 0467-22-5557
郵便番号 〒248-0016
住所 神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
ホームページ http://www.nohbutai.com/
メールアドレス webmaster[at]nohbutai.com
※お問い合わせの際は、[at]を@に変換してください
アクセス 江ノ島電鉄線長谷駅徒歩7分
長谷観音前バス停徒歩5分
駐車場 なし
開館時間 10:00~16:00
最終入場 15:30
休館日 不定休
カテゴリー
鎌倉で何をする?:習う・体験する
鎌倉の何に触れる?:文化・芸術
鎌倉のどこへ行く?:鎌倉市外

「習う・体験する」の記事一覧へ

バックナンバー