おすすめ情報

モデルコース

鎌倉は小さな町ですが、
「見たいものがたくさんあってどう回ればいいか困ってしまう」
なんて声もよく聞きます。そんなみなさんのために、鎌倉INFOでは、
鎌倉のさまざまな表情を楽しめる5つのモデルコースをご用意しました。

鎌倉市観光協会フォトライブラリー

モデルコース5:古き良き鎌倉の素顔を散策

モデルコース5 古き良き鎌倉の素顔を散策

江ノ電・極楽寺付近
江ノ電・極楽寺付近

極楽寺、長谷界隈は古き良き鎌倉の面影を残している。落ち着いた町並みを江ノ電がトコトコと走る風景は昔も今も変わらない。茅葺きの山門が印象的な極楽寺。秘仏清涼寺式釈迦如来像は年に1回のみ公開される(4月)。山門をくぐると桜や梅の並木がつづく。

成就院から海を臨む
成就院から海を臨む

緑のトンネルが美しい鎌倉七口のひとつ、極楽寺坂を下って成就院へ。明月院と並ぶアジサイの名所で知られるが、石段から見える海の眺めも素晴らしい。

星の井通りから左に折れて長谷寺へ。巨大な観音様は木造では日本最大といわれる。観音様を拝観した後は休憩所でゆっくりと海の風に吹かれよう。

観音様の次はやはり大仏様をお参りしたい。鎌倉のシンボルともいえる大仏様は、親指の周囲でさえ85センチもある巨像。仰ぎ見る偉容だが、お顔だちは温和だ。

長谷寺十一面観音菩薩立像
長谷寺十一面観音菩薩立像

高徳院阿弥陀如来坐像(大仏)
高徳院阿弥陀如来坐像(大仏)

鎌倉文学館
鎌倉文学館

風光明媚な鎌倉は多くの文人たちに愛された。鎌倉文学館は鎌倉文士が残した貴重な資料を一堂に集めた文学館。文学的資料はもとより、さらに興味をひくのがハイカラな洋風建築。鎌倉が別荘地としてもてはやされた頃の栄華を今に伝えている。付近にはこれもまたかつての洋館を生かした長谷子ども会館もある。

鎌倉駅まで江ノ電を使うのもいいが、由比ガ浜通りを経て御成通りへとのんびり歩を進めるのもいい。骨董屋や古書店など、ノスタルジックな鎌倉の一面がうかがえる。

モデルコースへ