おすすめ情報

モデルコース

鎌倉は小さな町ですが、
「見たいものがたくさんあってどう回ればいいか困ってしまう」
なんて声もよく聞きます。そんなみなさんのために、鎌倉INFOでは、
鎌倉のさまざまな表情を楽しめる5つのモデルコースをご用意しました。

鎌倉市観光協会フォトライブラリー

モデルコース3:閑静な寺とご利益巡り

モデルコース3 閑静な寺とご利益巡り

駅西口から線路沿いを北鎌倉方向へ。鎌倉五山第三位の寿福寺は、参道にまっすぐ伸びる幾何学模様の石畳が美しい。特に雨の日、しっとりと濡れた石畳を歩くと落ち着いた気分が味わえる。境内には政子、実朝の墓があるが、俳人高浜虚子、作家大佛次郎らが眠る寺でもある。

浄光明寺
浄光明寺

隣接する鎌倉唯一の尼寺・英勝寺は女たちの寺にふさわしく桜、彼岸花、萩などが四季を彩る。山門前の踏切を渡り浄光明寺へ(木土日祭日晴天時拝観可)。周辺は生け垣や石垣がつづく静かな住宅街だ。境内に立つと、いっそうの静寂が身を包む。駅から少し歩いただけでこういった空間に出合えるのも鎌倉の大きな魅力だろう。

ふたたび横須賀線を越えると海蔵寺に行き着く。ここも鎌倉らしい静けさをたたえた寺だ。胎内に薬師の面部を納めた本尊薬師如来は「啼(なき)薬師」とも呼ばれるが、それはこんな言い伝えによる。その昔、開山の空外が夜毎聞こえる泣き声の発する先を探すうち、地中から薬師の首を見つけた。空外は早速薬師像を彫って首を胎内に納めた―というものだ。

鎌倉七口の一つ、化粧坂を越えて源氏山公園へ。源氏山は鎌倉の花見の名所。桜の頃に訪れたい。ここから坂を下って銭洗弁天へ向かう。霊水「銭洗水」でお金を洗うと何倍にも財布がふくらむという、ありがたいご利益で有名。境内はご利益願いの参拝客で常に賑わっている。

源氏山公園
源氏山公園

銭洗弁財天
銭洗弁財天

佐助稲荷神社
佐助稲荷神社

銭洗弁天から坂を下り住宅地を進むと佐助稲荷神社だ。幾重にも連なる赤い鳥居は、谷戸奥というロケーションもあいまって幽玄な雰囲気。社の神霊が翁の姿で現れ、頼朝に挙兵を勧めたという伝説もうなずける。

モデルコースへ