【フォトコンテスト2017】昨年の上位入賞者コメント

2016.11.18

昨年度上位入賞者5名より、コメントをいただきました。
入賞作品とともに、ぜひ、ご覧ください。


<質問内容>
1.フォトコンテストを知った経緯
2.写真撮影背景(その場所で撮影した理由)
3.受賞の感想
4.ポスター・カレンダー・展示会等で掲出された感想
5.次回の応募者へ一言

 




■最優秀賞 : 鈴木 正明さん 『 ずっと、いつまでも。 』



1.駅やお店などのポスターで知りました。

2.休日に鎌倉のあちこちを歩いています。大仏さまが約50年ぶりに修復工事に入ると聞き、
__しばらくの間お顔を拝見できなくなると思い、本格的に工事が始まる前に行ってみました。
__大きな大仏さまが鉄筋の足場に囲まれていく様子がおもしろく、
__高い足場の上でキビキビと動き回る作業の方々と、
__それを静かに眺めているような大仏さまの悠然とした佇まいが印象的でした。

3.受賞のご連絡を受けた時は、ほんとうにびっくりしました。
__自分がおもしろいと思った絵を、他の人にもおもしろいと思ってもらえたことがとてもうれしいです。

4.入選されたみなさんの作品と一緒に展示されているのを見て、
__撮影地が鎌倉に限定されているのに、異なるイメージ、さまざまなシーンがあって、
__あらためて鎌倉のおもしろさを感じました。

5.このコンテストは、応募の制限がほとんどなく気軽に参加できる楽しいコンテストだと思います。
__気に入った写真が撮れたら、あれこれ迷わず応募してしまうのがいいのではないでしょうか?

 




■鎌倉市長賞 : 鎌田 俊介さん 『 はやる馬 』



1.①3~4年前、友人が連続入賞したので知っていました。
__②自分は2015年に初めて応募し、入選をいただきましたので2016年も頑張りました。

2.流鏑馬の場合、皆さん、疾走しながら的を射る写真を撮られるので、
__自分はあえてスタート地点での人と馬の緊張の表情に狙いを絞って撮影しました。

3.十文字先生の審査で賞をいただけたので大喜び、また大変名誉に思いました。

4.まずは、ちょっといい気分になりました。
__しかし、今後のための反省点も見つかりました。

5.応募すると、コンテストの結果に関係なく、今までの写真の見方に変化が起きたりしますから
__積極的に応募されたらいかがでしょうか。

 




■鎌倉商工会議所会頭賞 : 横澤 稔さん 『 寿ぎの舞 』



1.市内のポスターかと思います。

2.妙本寺は、春の桜・海棠そして新緑、夏のノウゼンカズラ、
__秋の紅葉と、好きなお寺のひとつです。
__特にさくらの頃はよく撮影に出掛けます。突然の花吹雪に夢中でシャッターを切りました。

3.6年程前に東京から鎌倉に移住しました。
__すばらしい環境に若い頃を思い出し、再びカメラを手にしました。
__思いもよらず優秀賞に、感激です。思い切って応募して良かったです。

4.自分の作品が街じゅうのポスターに、店頭のカレンダーに、
__いろいろな知人に自慢しまくっています。

5.鎌倉は素晴らしい被写体にあふれています。どんどん撮ってどんどん応募してみて下さい。

 




■鎌倉市商店街連合会会長賞 : 萩原 宏一さん 『 雪とタンコロ 』



1.カレンダー(観光協会で発売)を見てフォトコンテスト受賞者の写真を使っている事で知りました。

2.湘南に積雪のある日には一生に数えるほどしか経験できないため、
__雪降る中、江ノ電沿線を散策しておりました。その時の1コマです。

3.優秀賞という大きな賞を受賞させていただき、大変ありがたく感じております。

4.自分の写真が皆さんに見て頂けるような場所に展示して頂けたことは
__驚愕的な出来事と感じました。

5.私の写真は、「江ノ電の車庫のシャッターが開いた。」という日常の一コマ的なものです。
__イベント的なもの日常の一コマ的なカットも入賞の可能性が大いにあります。

 




■鎌倉市観光協会会長賞 : 哀川 誠さん 『 今年こそは「福は~うち!」 』



1.【フォトコンテスト】で検索をしたか、フォトコン情報サイトで知ったかと思います。

2.この日に休みがもらえると、豆まきのはしごができるんです。
__午前に長谷観音、お昼を挟んで午後は八幡宮、そして鎌倉宮と三軒、いや三箇所。
__被写体の五色布に映った人影は偶然のめぐり逢いでした。
__長谷観音で行われた豆まきに行ったのですが会場への入場時間に間に合わず、
__締め出されたままどうしようかと落胆していたときに目に入ったんです。
__境内の一角を豆まき会場として何枚もの紅白の幕で仕切られていたのですが、
__一箇所だけ紅白ではなく五色布だったのです。
__そこに春の温かい日に映し出された人々の影が面白くて、思わずシャッターを押していました。

3.このコンテストは他のローカル(地域)フォトコンテストとしては一味違うと感じていました。
__鎌倉らしさという具体的な背景を必ずしも必要とせず、鎌倉で起きた事象であって、
__写真に魅力があれば、必ず鎌倉らしさを感じてもらえるコンテストだと。
__この事を信じて応募してきただけにとても嬉しかったです。

4.公に展示していただくとつい欲が出てきて、もっと多くの人に見てもらいたい、
__見てくれた人はどう思ってくれたのかとすごく気になり、恥ずかしい話、
__展示会では自分の写真の前に人が立つたびにチラ見しては耳をそばだてていました。

5.つきなみのようですがやはり、「あっ、きれい」とか「あっ、おもしろい」とか
__“あっ”と感じた時はためらわず撮ってみてはどうでしょう。
__また、応募作品を選ぶときも撮った作品を改めて見てみると、それまで思ってもいなかった作品に
__“あっ”と感じるものも出てくることもあるのでもう一度見直してみてください。

 


お知らせ一覧へ