バックナンバー

かまくらかたおもい Vol.15 白い月が見ていた WITH EOS M100 愛しいものを 大事にするのは どうして こんなに難しいのだろう

Photo&Text by 鈴木さや香

1982年東京生まれ。東京造形大学卒。映像演出の葉方丹氏・写真家山岸伸に師事し独立。現在、作品を発表しながら写真の独自の文化を発信している。写真雑誌や広告写真、写真教室等の講師などでも活動中。キヤノンEOS Kissスペシャルサイトにてフォトエッセイ「君をカメラで」を公開中。

そんな時は 写真に写せばいいじゃないか? 誰かがいった 青い空に白い月

山の音

枯れ葉がこすれる音も 草木がゆれる音も 目をつむったら 頼りない 真昼の音は あなたに届くだろうか あなたへ写るだろうか 手をかざして 太陽の温度 洩れた光で 赤く見えた

もうすぐ 綿毛は飛んでいく なくなってしまう その前に

海の音

砂をさらう音も 波が砕ける音も 凛とつめたい 空気が漂う 海辺の朝の音も あなたに届くだろうか あなたへ写るだろうか

いつも見ている 海なのに 輝く砂は 異世界に見えた

気づいた時には 季節は移ろい 跡形もなく 儚く消える

街の音

卵を焼く油の音も 道路に響くタイヤの音も 匂いと湿度と 思い出が混ざり 陽の傾く音が あなたに届くだろうか あなたに写るだろうか 届かなくても それじゃあ またね 撮り続ければ また明日 必ず 明日はやってくる

白い月が 静かに ずっと ずっとずっと それを見てる

EOS M100

キヤノンのミラーレスカメラ貸し出し中!くわしくはコチラをチェック!

This is my life.今日を見る目が変わった。 EOS M100 SPECIAL SITEはこちら

【EOS M100インスタグラムアカウント】LIFE with CAMERA おしゃれな写真を毎日アップしています。人気写真家による作品も公開中。