バックナンバー

かまくらかたおもい Vol.16 四月の魚が見る夢は EOS M100

PHOTO&TEXT 鈴木さや香

1982年東京生まれ。東京造形大学卒。映像演出の葉方丹氏・写真家山岸伸に師事し独立。現在、作品を発表しながら写真の独自の文化を発信している。写真雑誌や広告写真、写真教室等の講師などでも活動中。キヤノンEOS Kissスペシャルサイトにてフォトエッセイ「君をカメラで」を公開中。

わたしは空を飛びたい 綺麗な衣をまとい 踊るように揺れる あの桜の花びらのように けれども わたしは わたしは魚 目を開いて深く潜る・・・

いつか 花びらだったなら たゆたう日差しの中 春のかすみに会釈して ひだまり集う 窓辺のカーテンに 相槌をうち わたしはどこへ飛んでいこうか 白い衣は時に汚れて 薄紫となるのかな 朝の露に濡れた体は 冷え切り萎れてしまうかな けれども 光に暖められて 再び空へ舞い上がり ふんわり ふんわり 音もなく ふんわり ふんわり 落ちるでしょう 風に吹かれて山に近づき 椿の花をくぐりぬけ 水の碧さにこころ奪われ 春の都の情景を思い 気づいた時には 窓からヒュルリ 風呂屋のかべの魚を見てた そうしてわたしは気づくのです これは 夢見草がみせた夢なのだと わたしは魚 夏の季節にまた何を想う 取材協力:清水湯 建長寺 光明寺 写真はすべてEOS M100で撮影しました。
次回更新は夏を予定しております。お楽しみに!

EOS M100

キヤノンのミラーレスカメラ貸し出し中!くわしくはコチラをチェック!

This is my life.今日を見る目が変わった。 EOS M100 SPECIAL SITEはこちら

【EOS M100インスタグラムアカウント】LIFE with CAMERA おしゃれな写真を毎日アップしています。人気写真家による作品も公開中。